スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
言っちゃった…!
2006/06/30(Fri)
今日、職場の人に、お仕事を8月で辞めたいと伝えました。ついに、言っちゃった!4月から始めたばかりのお仕事…。未練がないと言ったら、それは大嘘。辞めることについては、かなり悩みました。本当は、夏だけ韓国に行って、秋には私が日本に戻り、大学の後期の仕事を再開させようか…と考えていたぐらいです。でも、昨日、ダンナさんと話をして、きちんと結論を出しました。

結婚前、私はマレーシアで3年、トルコで2年、日本語を教えていました。結婚を機に帰国し、結婚後は日本で日本語教師の仕事を始めようと思っていたのですが、その頃にはダンナさんの台湾赴任の話が決まり、問題は「いつ行くか」だけでした。そのまますぐに台湾生活がスタートすれば、何も問題なかったのですが、長期出張のまま1年も…。お陰で、私も台湾と日本を行ったり来たりの生活で、とても日本で仕事なんて始められませんでした。そして、SARS。これで、半年もの間、私たち夫婦は全く行き来できない状態になってしまいました。SARSが収束し、やっとダンナさんが駐在になって、一緒に台湾で生活できるようになり、月日があっという間に流れました。満喫していた台湾での生活は、思ったより短く、2年も経たずに帰国することになりました。帰国後、学期の区切りがいい4月から、ようやく念願の仕事を始めることができました。なのに、私が仕事を開始したとほぼ同時にダンナさんの韓国赴任が決まってしまいました。しかも、今回は会社は何の躊躇もなく、6月からと…。そんな~!って感じです。

私は、結婚して主婦になって、いろいろ考えることが多いです。専業主婦の生活が充実したものになるために、家族と一緒の幸せな時間があるかどうか、気心の知れた友人が近くにいるかどうか、この二つはとても重要だと思いました。結婚してすぐにダンナさんが台湾に長期出張になってしまい、私は出身地ではない神奈川県で一人ぼっちで生活することになってしまいました。近くに友達も少なく、一日中一人で過ごし、誰とも会話をしない日もあって、とっても寂しかったです。その時に「仕事ができていれば…」と、何度も思いましたが、とにかくいつ台湾に引っ越すことになるかも知れず、仕事を始めることができませんでした。悶々とした毎日。家族に電話を掛けて、愚痴を言ってみたり。このとき、母親に「今のお姉ちゃんは輝いてない」と言われ、とても傷つきました。母も、当時の私のことが心配だったのだろうと思いますが、この言葉にはショックを受けました。でも、どうすることもできない毎日。何かに集中すれば…と、いろいろ始めてみました。でも、やっぱりストレスが溜まって、ことあるごとにダンナさんに当たりました。ダンナさんもどうすることもできず、二人で悶々…。今考えると、あの時は辛かったなぁ…。

それから、台湾では、おかげでたくさんの友達に恵まれ、みんな駐在員の妻という状況で、時間もたっぷり持て余すぐらいあったので、一緒にいろいろなことをしました。楽しくおしゃべりしたり、いろんな習い事もできました。その期間は、心の底から主婦の楽しさを満喫できました。

で、日本では、やっぱり台湾のときとは大きく環境が変わりました。同じマンションの住人でも、奥さん同士、特にお友達になるわけでもなく、私は「また一人で暇になる~」と思い、「今度こそ仕事を始めよう!」と決めたのです。仕事はとても楽しく、やりがいがありました。ですから、今回、仕事を辞めるのは、なかなかに勇気がいりました。始めたばかりで、学校にも迷惑を掛けますし。でも、私がここに一人残って仕事をして、仕事をしたいという欲求が満たされ、ストレスが少なくなったとしても、今度は「ダンナさんと一緒に過ごせないのに、なんで私は一人で仕事をしているのか?」という別の悩みが生じるに違いありません。結局、人間は常にないものねだりをしてしまうのですよね。「今の状況に満足できない」って思ってしまうのですよね。完璧な状況なんて、人生の中で、そう簡単にはやってこないですよね。ここは、やっぱり、夫婦での生活を優先させます。

幸い、職場の人はすぐに理解してくれました。就職試験の面接のときに、「主人がまた海外赴任になったら、その時は私も付いて行くつもりですので、仕事も辞めることになるかもしれません。」と言っておいて、本当によかったです。でも、まさかこんなに早いとは、私も職場の人も、想像していませんでしたけど。

私がこんなことを考えていると、ダンナさんは知っているのかいないのか?でも、昨日「自分のできる範囲で大事にしてあげるから、韓国に来たら?」という一言が聞けて、本当によかったです。その言葉を信じて、行きますからね~!
スポンサーサイト
この記事のURL | 仕事 | ▲ top
こわい!
2006/06/29(Thu)
今日はとってもいい天気♪風もあって、湿度も低めなので、洗濯物がよく乾く。朝、仕事に出る前にシーツを2枚干していって、午後帰ってきたら完璧に乾いていました。午後から2度目の洗濯もできて、嬉しいです。

そんなうきうき気分でインターネットしていたら、インターホンが鳴りました。出たら、警察の方でした。何かあったのかな?「昨夜、A高校の畑が荒らされたんですけど、何か不審な物音とか聞いていませんか?」と聞かれました。えええー!昨夜は仕事の準備&テレビ三昧&読書で、夜遅く(2時ごろ)まで起きていたけど、全然気づかなかったよ~!こわい!

A高校は私がいつも中を通り抜けさせてもらっている、うちのマンションとは目と鼻の先の高校です。しかも、私の住んでいる部屋は角部屋で、どこもA高校に面しているのです。畑は、うちの窓から眼下に見えます。そんな近くで深夜、悪事が行われていた頃、私はテレビを見てガハガハ笑っていたのね…。そして、昨夜は暑かったので、ベランダの窓を開けて寝ていました。こわい~!もう絶対に、窓は開けて寝ない!

警察の人も、「今後、畑ではなくて人家の方に被害が出てはいけないので、これから深夜パトロールします。」とのことでした。そうしてください、そうしてください!

今、独りでいるので、近くでこういうことがあると、本当に怖いです。はああ~、昨日は全然そんなこととは気づかなかったな~。夜、仕事帰りに帰宅するときも、気をつけなきゃ!ここはのどかな感じのところだけど、悪い人はどこにでもいるもんだし、安心してはいられません。以前住んでいた川崎市の住まいでは、半年に2件もピッキング被害があって、幸いうちは大丈夫でしたが、その事件の日、どちらも私は家にいたのです。たまたまよそが狙われたけど、もしうちだったら…と思うと、本当に怖かったです。それに、一番怖いのは、自分が在宅中に犯人に押し入られた場合。最近は、わずかな金品のために、凶悪な犯行をしてしまう輩が多いので、油断できません。

にゃにゃにゃ~!一気に現実!女の一人暮らし、油断禁物です!

s-IMG_0496.jpg
そのA高校で今日のお昼に購入した大根。1本50円でした!何の畑が荒らされたんだろう…。許せない!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
かわいい好物
2006/06/28(Wed)
初夏の陽気♪と言いたいところですが、むしむししていて、たまらなく暑いです。梅雨の中休み、とはいえ、今日は猛暑の空気です。

そんな時期のお楽しみは、やっぱり果物かな~♪最近はおいしいメロンとか、びわも登場しています。私がこの時期、一番好きなのは、さくらんぼ♪アメリカンチェリーのような大粒の甘いさくらんぼも好きですが、せっかく日本にいるのだから…と思って、日本の小粒で甘酸っぱいさくらんぼを楽しんでいます。ちょっとお高いけれど、見ているだけでも幸せ気分~♪

今日は、スーパーでデラウェアも安く売っていたので、買ってみました。もうぶどうも出回っていますね。あ~、もう夏なのね~。果物のおいしい季節、ちょっとした幸せです。

s-IMG_0493.jpg
この組み合わせ、日本ならでは…。小粒でかわいい。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
親心
2006/06/27(Tue)
昨日、M社の中国人研修生のL君に、お菓子をもらいました。見たところ、普通のチョコスナック菓子でありました。でも、文字が日本語じゃない。中国で売られているネスレ社のお菓子でした。「どうしたの?中国から持ってきていたの?」と尋ねると、「昨日、国から荷物が届いたんです。その中に入っていたので、どうぞ…」とのことでした。

はっきり言って、このようなお菓子は、貧しい発展途上国(あるいは北朝鮮のような政治的に特殊な国)を除けば、ほとんど世界中で簡単に手に入れることができます。でも、息子に荷物を送るときに、ちょこっとスペースが余って、そこにお菓子でも入れてあげようという親心なんでしょうね…。ありがたいですね。

で、そのお菓子を食べる前に、撮影。ね?どこにでもありそうでしょ。でも、L君にとっては、日本で自分で買って食べるお菓子とは味が違うと思うな~。

s-IMG_0492.jpg
ネスレ社って、ほんとにどこの国にもあるな~。感心。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
真昼の決闘
2006/06/26(Mon)
今日はショッキング映像を載せちゃいます!

窓辺のアイビー、最近は葉っぱも増えてきました。そろそろ支柱を立てて、巻きつかせたりしようかな~、どんな形の支柱にしようかな~、なんて思いながら、ふと目を留めてみると、むむむ!葉っぱが少なくなったような気がする!なんだか嫌な予感…。葉っぱを持ち上げてみると、確かに葉の数が減っている。('▽';) えーっと、えーっと…。見るべきか、見ないべきか。(>~<)/☆ えいっ! (@▽@)/わわわ~◎%#$*▼×△!!!! ぎょぎょーっ!茎にでっかいイモ虫がぁぁぁぁぁ!オーノー!葉っぱをいじった振動で、ヤツもびっくりしたのか、体をのけ反らせてるしー!イナバウアーしないでくれー!ぎょえー!

気を落ち着けてよく見ると、けっこう長くて立派な体をしたヤツで、無残にもヤツの周りの葉っぱがたくさん食べられていました。くくく~!すぐにも成敗してやりたいけど、こちとら、心の準備が…。しばし、呼吸を整え、まずは写真を撮ってみたりする。でも、その間にも葉っぱが心配で、写真撮影後、すぐに箸と紙を用意して、茎からもぎとってやりました。もぎ取るとき、ヤツも懇親の力を込めて茎にしがみついていたので、本当に気持ち悪かった!おえ!しかも、最後に悪あがきともいえる攻撃をしてきました。なんと、鮮やかな緑色の体液をそこらじゅうに撒き散らしたのです!おのれ~!オマエなんか、紙ごと折りたたんで、生ゴミ用のゴミ箱にポイだ!ふーっ、ふーっ、ふーっ。ひと仕事終えたら、鼻息が荒くなっていました。自分的には決闘を終えた後の気分。

にっくきイモ虫の最期の姿です。ちょっとびびって、ピントが合ってないけど。植物を育てていると、癒し効果もあるけれど、こういう思わぬドッキリもあって、心臓によくないです…。

s-IMG_0486.jpg
右側の丸裸になった部分にぶらさがった、明らかに太い物体がにっくき敵の姿。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
昼間のろうそく
2006/06/25(Sun)
今日はどんよりお天気。でも、ベランダのぷち園芸コーナーのお手入れをするにはちょうどいいかな?あんまり暑いと、汗かいちゃうからね…。

このところ、日照時間が短くて、我が家の植物くんたちも元気がありません。で、ふと気づいたのですが、肥料を1回もやっていない!そうだ、肥料だ~。ということで、今日は全ての鉢に肥料を撒きました。これで元気になってくれるといいな。

お花屋さんで切花を見て、買いたいな~と思うことがあっても、最近は「同じ値段なら鉢植えを買って、長く楽しみたいな~」などとセコイ考えが浮かんでしまいます。8月に韓国に行く予定なので、それまでしか楽しめないのですが、それでも、そんなに長持ちする切花はありませんからね!で、今日も新しく買った苗を鉢に植え替えました。色とりどりのケイトウの花です。窓辺に飾ると、昼間なのにキャンドルを灯しているみたいでかわいいです。でも、ケイトウって、漢字で書くとグロいですね…。(鶏頭だもんね。トリのトサカだよ!だいたい、本当にそんな形なんだけど。)

s-IMG_0484.jpg
これはトリのトサカっぽくないでしょ。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
初物
2006/06/24(Sat)
今日はピカピカのお天気!布団を干して、大物の洗濯物も干して、買い物に出掛けたら、ばてちゃいました。(@0@) 暑いです☆でも、雨続きの中に晴れの日があると、嬉しいですね~。ベランダのお花たち、ここのところ全然日が当たらない生活をしていて、元気がなくなっていましたが、今日は久しぶりに日光浴ができました♪明日も雨が降らないらしいので、今日買ってきた花の苗の植え替えをする予定です。

そうそう、今日行ったスーパーで、今年に入って初めてのとうもろこしを買ってきました!茹でて食べたら、甘~い!もう夏ですな~。

s-IMG_0483.jpg
うちのダンナさんは、とうもろこしをきれいに食べる名人です。食べた後の芯が、そのまま何かに再利用できそうなぐらい、きれいに何も残さず食べます。いなくて残念。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
カナリア強し!
2006/06/23(Fri)
今朝4時起きで、ワールドカップ日本対ブラジルの試合を見ました。結果…カナリア軍団強し!日本残念!予想通りといえば、予想通りですが…。でも、やっぱり後半の集中力のなさが見ていてイライラしました。ブラジルの選手に弄ばれているかんじで、見ていられませんでした。日本は、初戦のオーストラリア戦から、クロアチア戦、今朝のブラジル戦と、だんだん試合内容が良くなっていたのは確かですが、それじゃ、ワールドカップで決勝リーグに上がるのは難しいんですよね~。常に最高の試合をしなければ。「徐々に」なんて、プロの世界では許されません。

まだまだ日本サッカーには課題が多いですが、それは成長の可能性もあるということ。ある意味、これからの選手は、今の選手以上に伸びる可能性があるということですよね!ブラジルだって、昨日や今日サッカー王国になったわけではないし、日本はこれからです!とか言いながら、やっぱりサッカーより野球の方が面白いんだけど。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
ビバ・ソウル☆
2006/06/21(Wed)
今日は仕事もお休み。の~んびり…といきたいところでしたが、明日の授業の準備に追われていました。

夜、義理ママ(ねねさま)から電話がありました。昨日、ソウル旅行から帰ってきたそうで、「ソウル、よかったよ~」を連発していました。「街もきれいだったし、食べ物も美味しかった~。野菜がたくさんあって、ソウルなら住むのに何の心配もないわ。それに、買い物もいっぱいできるし~。ヴィトンのスリッパ、1000円で買えるのよ~。足、何文?(いまどき、何文って言わないだろう…)送ってあげようか?あとね、靴下もいっぱい買ったの~。いる?それとね~…」あの~、私もこれから韓国へいく予定なんですけど…。お土産は丁重にお断りしました。今日のねねさまは、旅行の疲れがちょっと出ていましたが、テンションがかなり高く、同じ話を5回も6回もしていました。義理ママの話には私の知らない固有名詞がいっぱい出てくるので、そのくらい聞いてやっと理解できるから、ちょうどいいんですけどね。第一、何回も話をするってことは、それくらい楽しかったってことですね!本当に楽しそうでした。

義理ママは、今年に入って海外旅行しまくりで、スペイン、タイ、韓国など、あちこちへ出掛けています。「今年はどうしたんでしょうね~。旅行のお誘いが多くて、びっくりよ~」と言いながら、元気に出掛けています。毎回「よかったわ~」と喜んで帰国してきますが、それでも、今回の韓国旅行はかなりよかったみたいで、電話ではかなり興奮気味でした。なのに、40分も話した後、最後に「でも、お母さんはやっぱりヨーロッパが合ってるわ~」で話を締めました。う~ん、ステキ。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
バラよ、どこへ…
2006/06/20(Tue)
毎週月曜日と火曜日の夕方にM社の研修生に日本語を教えに行っています。うちから電車を乗り継いで、最寄駅から会社まで歩いていきます。その10分ほどの徒歩コースに、大きなバラの花があって、いつも大輪のバラがいっぱい咲いているので、目の保養をさせてもらっていました。某会社の車進入口の脇にちょこっと土のスペースがあって、そこに植えられているんですが、どのくらいの間そこに根を張っているのか、茎は太く、そのたった一本の茎からたくさんの花を咲かせています。通りかかるたびに、ちら見していたんですが、なんとなく写真を撮りたくなって、先週、カメラを持参した折にパシャッと撮っておいたのです。

今週通りかかったときに見たら、なぜか茎が根元から切られていて、バラの花は姿を消していました。せっかく満開だったのに、なんで~?せめて、花の時期が終わってから切ればいいものを…。と、ちょっとがっかりしました。先週撮っておいた写真が遺影(?)になってしまいました。

日本では、自分の庭を通行人に見せる意識はあまりありませんが、以前住んでいたトルコでは、みんなせっせと窓のところに花を植えて、通行人の目を楽しませてくれていました。行ったことはありませんが、イギリスではそういう意識が高くて、近所の庭との調和も大切なんだそうですね。日本では、庭はもともと閉鎖的な空間に作って、室内と一体化させ、あたかも部屋が屋外であるかのように演出するものですが、日本の庭も、通行人の目を意識すると、ちょっと変わってくるかもしれませんね。

s-IMG_0450.jpg
切られる前に撮った写真です。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
別居生活に突入!
2006/06/19(Mon)
昨夜の日本対クロアチアの試合観戦で体中に力が入り、まだ疲れが取れてない気もする今日の私。天気は梅雨の晴れ間!朝からカラリと晴れてます。洗濯物を久しぶりに外に干してますよ~。でも、午後には雷雨とか???もう既にお空はゴロゴロいってます。

夫婦揃って台湾から日本に帰国して半年たちました。「そろそろ子供も真剣に欲しいね!うふ!」なんて話していたその矢先、ダンナさんは、またもや海外赴任で今度は韓国へ。こんなに早業で決まってしまうとは…。私は1年は固い!と思って仕事も再開したのにな~!会社って非情ですわ。ま、そういうわけで、ダンナさんは土曜日に引越しの荷物を出し、本日の飛行機で旅立って行きました~。(= =)/~~~

これから私の仕事が一段落する夏までは、日本と韓国での別居生活です!当初の予定では、私は長い夏休みを利用して2ヶ月間ぐらい韓国で過ごし、秋には日本に戻って仕事を再開するつもりでしたが、夫婦で話し合った結果(あんまり細かく話し合ってないけど~)、やっぱり私が夏で仕事を辞めて、韓国へ行くことにしました。といっても、今回のダンナさんの韓国駐在がどのくらいの期間になるか、全く見当がつきません。短ければ1年?長ければ???だから、私は日本を引き払うのではなく、日本と韓国を行ったり来たりすることになりそうです。

駐在員の妻、独身のときは「オイシイよな~。」と思っていましたが、今は、「小刻みな異動&移動に、体力、精神力ともに疲れる!」「人生設計が難しい!」が本音です。3年とか5年とか、ある程度の期間で赴任することが決まっていれば、精神衛生上落ち着くのですが(私の場合)、うちのダンナさんの仕事では、それは望めそうもないし。それに、赴任する国がどんな国だか、行ってみなければわからない!いくら旅行で気に入ったって、住むとなったら話は別です。第一印象がいい分、期待を裏切られたと感じてショックを受けることだってあるかもしれません。国との相性がよければ問題ないのですが、相性最悪だったりしたら、生活そのものが「拷問」、どんなにポジティブに考えたって「修行」でしょう!実は、私、まだ韓国へは一歩も足を踏み入れたことがありません。ドキドキ。唐辛子すんごく苦手だけど、大丈夫かな?

でも、プラスの面を見れば、海外で生活できるっていうことは、かなりの人生経験をさせてもらえる得難いチャンスです。私の場合、たいてい「住めば都」となるお気楽タイプなので、今回も、あまり心配していません。ただ、韓国となると、あのハングルが全く読めない!文法は日本語と似ているといったって、だいたい挨拶程度の言葉しか知らないし。というわけで、言葉の壁が心配な私は、4月からはNHKハングル講座で地味~に勉強を始めていました。でも、最近は録画ばっかりしていて(録画すると安心してしまう!いかん!)、勉強が追いついていないな…。ダンナさんもいなくなったことだし、別居中に韓国語の勉強でも頑張りますか!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
小説と映画
2006/06/18(Sun)
今日は父の日ですが、うちはどちらの両親も遠方に住んでいるので、特別な行事はありません。お天気はあいにく朝から雨。そこで、ダンナさんと雨の日デートの王道、映画を見に行きました。うちから映画館までちょっと急いで10分、ゆ~っくり歩いて15分。なかなかのロケーションです。

今回見たのは「ダヴィンチ・コード」。もう公開から1ヶ月経っているし、今日は雨なので、意外とお客さんが少なくて、一番後ろの中央といういい席で見ることができました!友達に借りて原作の小説を読んだのは、もう1年以上前かな?読みながら、「おお~、おお~!」と、びっくりする展開やら絵画の知識、面白くて、一気に読んだことを思い出します。でも、人間の記憶って、そんなに長持ちしないのですね~。今日は映画を見て、細かいことをほとんど忘れていて、その都度驚いていました!しかも、夫婦揃って!私たちって、なんてオイシイ性質を持っているんでしょう!きっと1年後に原作を読んだら、その時はまた「おお~!」と驚けるのかな?

この映画が公開されたとき、評価は賛否両論でしたが、でも、原作の面白さをそのまま映像にしていて、まあ、うまくできていると思いました。でも、あの複雑で奥深い内容を2時間そこそこの映像で伝えるのは、どうしたって至難の業です。今日映画を見て、賛否の「否」の方は、「あれじゃ、わかりにくい」ってことなのかな?って思いました。確かに、映画を1回見ただけで内容を理解できるとは思えないな~。そういう意味でも、1年前に原作を読んでおいてよかったな~。うろ覚えで映画を見られて、一番オイシイじゃん!よく小説がヒットしてすぐに映画化が決定してしまうことがありますが、そうすると「小説が先か、映画が先か」で悩みます。でも、なかなか「この順序でよかった♪」と納得できることは少ないのですが、今回は当たりでした。

ここで運を使い果たしたのか、うちを出るときにはほとんど降っていなかった雨が、映画が終わった頃には本格的な雨になっていました。映画館のお向かいのバスキン&ロビンス(31アイスクリーム)でトリプルアイスを食べ終わってうちに帰る頃には土砂降りでした。そして、お約束どおり、今は小雨に。っていうか、止んでるし!あああ~、やっぱり龍神系?
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
雨女?
2006/06/16(Fri)
北海道を除く日本全国が梅雨の真っ只中です~。今日も朝から雨でした。関東地方は局地的に大雨の可能性も…なんてニュースで言っていたので、今日はどうせ一日中雨だろうと、晴れ間を待つまでもなく、雨がちょっと小降りになったときを見計らって、ウィンドブレーカーを着用し、自転車で出掛けました。ところが、自転車をこぎ始めてすぐに雨がやや強くなってきました。え?小降りだったのに?でも、もう出掛けてきちゃっているから、引き返すのも嫌だし、「今日は一日中雨だから」と、そのまま目的地の郵便局まで行きました。父の日のプレゼントとカードを送って、その足で今度は病院、薬局と回り、最後に本屋とスーパーで買い物した後、自転車置き場に戻ったら…雨が本当に細~い小雨になっていました。えええ~!ずっと雨の中、濡れて走り回っていたのに~!家に着いてから、雨は完全に上がって、うす曇りの天気になりました。雨はどこへ???

そう、私は雨女です。入学式、卒業式、成人式など人生の節目はたいてい雨でした。でも、今日みたいなのは、ちょっとへこむ。「オーラの泉」というテレビ番組で言っていたけど、人によって自然霊の系統が違っていて、日本では「天狗系」「龍神系」「稲荷系」などがあるそうです。龍神系の人は、出掛けるときは雨が降っていたのに、後で晴れるみたいなことが多いそうです。逆に、稲荷系の人は、いいお天気に恵まれることが多いそうです。本当かな?じゃ、私は、龍神系ってこと?

今、すっかり雨が上がってしまって、青空さえのぞいています。外では鳥たちが賑やかにさえずっています。ま、雨より晴れのほうがいいんですけどね!早く梅雨が終わらないかな~。

s-IMG_0472.jpg
梅雨は紫陽花の季節です。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
手作り派の人
2006/06/15(Thu)
うちの近所に、なんだか気になる家があります。普通の平屋の一軒家なんですが、隣の土地を畑にしています。最近は畑に植えたいろんな野菜がどんどん育っていて、ちょっと遠くのスーパーへ自転車で出掛けるときに通りかかるので、いつも成長ぶりを密かにチェックしています。不思議なことに、その畑の面積は家1軒分なのに、畑には耕運機があるんです!機械使うほどの広さじゃないんだけどな~?

で、その家では、おじいさんが畑担当で、おばあさんは何を担当しているかというと、手作り担当です。家の塀の一部をくり抜いて陳列棚を造り、そこにおばあさんの手作りの品を並べ、販売しているのです。冬の間は、端切れで作ったわらじを売っていました。今は、竹の輪に人形をぶら下げた飾りを売っています。代金は竹の筒の中に入れていく、無人販売スタイルですが、たいていおばあさんは、その陳列棚があるほうの部屋にいて、カーテンの向こうから通りを見ています。だから、絶対に万引きはできませんよ!でも、売れてるのかな?それは不明。

この家の手作りの中で、私が一番好きなのは、庭の木の上に取り付けられた鳥の巣箱です。巣箱というより、鳥の家です。3、40センチぐらいあって、なかなか立派です。表札があり、毛筆で「舌切鈴代」と書かれています。おじいちゃんのセンスなんでしょうか?かわいいです。今、ちょうど木にオレンジ色の花が咲き始め、とってもかわいいので、無断ですが、写真を撮らせてもらいました。中からかわいい鈴代さんが「こんにちは」と出てきそうでしょう?え?目玉オヤジがお椀のお風呂に入っていそう?そうかもしれません。このファンタジー、大人の私でもわくわくします。子供のときにこんなの見ちゃったら、絶対に夢で遊びに行ってます。つまらない授業中にも、遊びに行ってます。こういうファンタジーを失くさないおじいちゃんとおばあちゃん、いいですね。私もそんな人になりたいです。

s-IMG_0470.jpg
「営業中」の幟が目印。雨の日は営業していません。

s-IMG_0473.jpg
こちらが商品です。商品名が書かれた札が出ています。

s-IMG_0468.jpg
舌切鈴代さんの家です。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
二人の黒柳徹子
2006/06/14(Wed)
昨夜、ダンナさんが台湾に赴任していたときの駐在員のお友達が新宿で集まって飲むことになり、私も仕事が終わった後、駆けつけました。飲み会には8人が集まったのですが、私が遅れて参加したときには、みんなすでにすごいテンションで盛り上がっていました。1次会の居酒屋は5時間!店を出るときには、私たち以外にはヤンキーみたいな男の子のグループしか残っていませんでした…。

終電の時間になり、そろそろ帰るか~、と思いきや、一番高齢のおじさんが「今日はこのまま帰りたくない!」と言い出し、結局、ほとんどの面子がそのまま歌舞伎町へ…。その2次会で連れて行ってもらったお店は「きゃべつ」という名前の、双子のママのお店でした。このママたちが最高!お揃いのドレスに身を包み、髪型も全く同じ。見た目、黒柳徹子と小森和子を足して2で割ったかんじ。ザ・ピーナッツの歌もハモれば、漫才もする、本当に面白い人たちでした。妙齢のママがイナバウアーをやったときには、たまげました。いや~、「きゃべつ」、不思議でステキなお店でした。私たちは終電の時間を無視して、日付が変わっても騒ぎまくり、平日だとは思えない盛り上がりっぷりでした。

「きゃべつ」で濃厚な時間を過ごした後、新宿からタクシーで帰りましたが、私たちがタクシーで居眠りしちゃってる間に、運転手さんが思いっきり道を間違えてくれて、私たちは2時間以上もタクシーに乗っていました。家にたどり着いたときには、すでに空は白くなっていました…。う~ん、平日にこれは、さすがに疲れました。

s-IMG_0464.jpg

s-IMG_0458.jpg
黒柳徹子×2。かわいい。
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
日本の実力は
2006/06/12(Mon)
ドイツで開催中のワールド・カップ、日本の初戦が終わりました。終わりました。終わりました。…。何度も追加点のチャンスがあったのに…。あまりの試合内容に、もう何も言う言葉がありません。これからの試合は、純粋に世界の一流プレーヤーのスーパープレイを楽しもうと思います。は~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
お宅訪問
2006/06/08(Thu)
今日は、T大学の授業の日。T大学の研究所の近所には、日本近代文学館や日本民藝館など、ちょっとアカデミックな施設があります。私は大学生の頃から興味があり、いつか行ってみたいな~、と思っていたので、今、自分の仕事場の近所にこういう施設があると知って、驚きました。特に、日本民藝館は近所も近所、研究所の隣の隣という近さです。毎週木曜日にこの建物の前を通るたびに、その立派な家屋の中に入って見てみたいな~、と思っていましたが、今年、日本民藝館創設70周年を記念して、日本民芸運動の産みの親である柳宗悦が住んでいた家が改修され、期間限定で公開されるということで、今日、行ってみることにしました。(先日、NHKで柳宗悦の活動や生涯、家の内部の様子や蒐集品を紹介する番組がありました。)

授業が終わった後、自分も興味があるという学生と一緒に行ってみたら、なんと、すごい行列になっていました!でも、期間限定!私は今日しかチャンスがないので、大勢の人にもまれて、中を見ることにしました。日本民藝館には、柳宗悦の蒐集した民芸品が展示されていますが、私は展示品よりも建物の方に興味がありました。日本民藝館の向かいにある旧柳宗悦邸は、黒光りする廊下の板や、階段の手すり、シンプルでありながら洗練された細工の障子や欄干など、どこも日本の家屋の古き良き雰囲気に溢れていました。特に書斎は、四方を蔵書に囲まれて、どっしりとした机と椅子、ソファ、それらにさりげなく掛けられた織物など、私の大好きな雰囲気でした。あ~、もっとゆっくり見たかったな~。

古い家の中を見るのって、大好きです。その家に足を踏み入れ、柱や壁に触れているうちに、普通に人が住んでいた時代にタイムスリップしたみたいな気分になれます。今まで見たいろいろな家で、心に残っているのは、マレーシアのマラッカにあるババ・ニョニャの家、タイのバンコクにあるジム・トンプソンの家、トルコのサフランボルにある300年前からの家を改装したペンション、津和野の森鴎外生家、先日訪れた京都で見学した二条陣屋などです。今日見た柳宗悦の家も、なかなかに趣深かったです。家の中の細部って、普段あちこち覗ける場所じゃないから、余計に興味が湧くんでしょうね。こういうステキな家から、私も何かを学びたいです。

s-IMG_0437.jpg

s-IMG_0435.jpg
写真撮影禁止だったので、外部の写真だけ。T大学の学生は「お寺だと思っていました」
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
曇り模様
2006/06/06(Tue)
どんより曇り空の日が続いている関東地方でございます。梅雨入りする前に、冬物の洗濯をして、衣替えをしなくちゃ~って思っていましたが、この湿度の高さでは、セーターとか、微妙に乾きそうにない…。今年の5月は雨の日が多くて、日照時間が少なかったそうですが、農産物だけじゃなく、洗濯物にも大きな打撃です。大物の洗濯物も、まだできてないのに、このまま梅雨に突入しちゃったら、どうしましょう。

そんなお空と同じような、暗~いニュースが世間を騒がせています。このところ、子供を狙った犯罪が後を絶ちませんが、ついに、秋田県の小学生の男の子を殺した犯人が捕まりました。2軒隣の、4月に亡くなった女の子のお母さんが犯人でした。こういう、顔見知りの犯行って、本当に怖いです。日本は、安心して近所付き合いできない世の中になってしまったのでしょうか?都会も田舎も関係なく、不安な事件が多発しています。

それから、村上ファンドの社長がインサイダー取引を認め、逮捕されました。逮捕前の会見で、「ばれちゃったから、謝罪するしかない。法に触れることをしたのは事実。それが知られたのがまずい。」というような発言をしていましたが、じゃあ、ばれなければ、法に触れてもよかったわけ?法に触れることだと分かっていても、世間に知れなければ、やっちゃっていいの?こういう考えの人が、通産省にいたというのですから、驚きです。汗水たらして働くことだけが仕事じゃないけど、こういう経営理念を持っている人が当たり前のように増えて、こういう人たちばかりが儲かる世の中になると、今後の日本からは何も生まれないだろうという危機感を感じてしまいます。一流の経営者は、絶対にそんな発言はしないと思うんだけどな…。

明るいニュースはないのかな~?と、新聞の紙面をめくっていたら、「レッサーパンダの風太くん、双子のパパに」というニュースがけっこう大きく載っていました。そんなん、どうでもええねん!

今、外の緑地で幼稚園の子供たちがピクニックをしています。これからお弁当を食べるみたいで、一斉に「では、いただきます」「どうぞ、めしあがれ」「ありがとう」という紋切り型のご挨拶があって、賑やかなランチタイムが始まりました。君たち、大きくなったら、悪い人間になっちゃだめだよ~。清く正しく成長するんだよ~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
プチですが
2006/06/04(Sun)
懸念のベランダのお花の植え替え、完了しました~。金曜日に園芸コーナーのあるホームセンターをハシゴし、何回も往復して、花の苗やら土やらをせっせと自転車で運び、金、土で植え替えをしました。ついでに引っ越し以来汚れ放題だったベランダの大掃除もしちゃいました~。金曜日からずっとどんよりとした曇りで気温も低かったのですが、作業するにはちょうどいい天気でした。

うちのベランダは狭くて、日光も昼過ぎには当たらなくなっちゃいますが、そこに植物があるのとないのとでは、大違い!やっぱり植物があると、明るくなるし、何といっても心が癒されます。今では、カーテンを閉めるのが惜しいぐらい。目の前に建物がないという環境を活かし、カーテンを開けっ放しにして、一日中かわいいお花を眺めています♪

こういうとき、どんな花を選ぶかで、個性が出ると思いますが、気づいたら、やっぱり白、黄色、紫が多かった!うちのベランダは東~やや南向きなので、風水的には赤い花がいいらしいのですが…。ベランダ用の赤いサンダルでごまかしてます。

庭があったら、いろんな木や花を植えて、庭作りを楽しみたいところですが、マンションでは無理なので、ベランダの一角で小さな小さなガーデニングを楽しんでいます。ガーデニングというのもおこがましいようなプチプチ園芸ですが、生活の中での効果は絶大!これから毎朝の水遣りも楽しみです♪

s-IMG_0426.jpg

s-IMG_0431.jpg

s-IMG_0432.jpg
写真がうまく撮れないんですが、だいたいこんなかんじ。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
朝からドラマ
2006/06/02(Fri)
台湾に住んでいたときに、かなり暇な時期があり、台湾のテレビっ子になってしまいました。台湾では、ケーブルテレビのチャンネルが100ぐらいあって、日本の番組オンリーのチャンネルもあったので、台湾にいながらにして日本のテレビライフが楽しめました。(といっても、民法ドラマは半年~1年遅れでしたが)

たくさんの日本の番組が放送される中、何度も再放送されていたのが、「おしん」です。日本での放送当時、私は小学生だったので、もちろん見ていませんでした。ストーリーも部分的には知っていたけれど、全部は知らなかったんです。でも、今まであちこちの国で「おしん」が話題になったのは、事実。いいチャンスだわ、勉強のために見ておこう、と見始めて、あれよあれよと「おしん」の世界にはまってしまいました。台湾では吹き替えじゃなくて、ちゃんと日本語のセリフだったから、そのまんま楽しめました。そして、やっぱり感動…。再放送のたんびに飽きることなく見続けて、結局合計4回ぐらいみました。^-^A; そんな訳で、セリフもだいたい覚えてしまいました。吹き替え無しで中国語の字幕が出るから、しまいにゃ「この言い方は、こうやって訳すんだ~」とか、変な勉強もしちゃったり。

それから、NHKの朝のテレビ小説を見るようになりました。残念ながら「天花」は最悪でしたが、再放送で見た「澪つくし」「ちゅらさん」、日本に帰ってから見始めた「風のハルカ」などは本当におもしろくて、楽しめました~。今期の「純情きらり」にも、すっかりはまってます。韓国出張中にホテルのテレビで見たダンナさんも、今では「純情きらり」にはまり、毎朝出勤前に一足先にBSで見てます。ダンナさんは寝起きが悪いのですが、「きらり、始まるよ~」というと、ちゃんと起きます。(^3^)

NHKの朝のテレビ小説の視聴率は年々下がっていて、よく「今期も最低スタート」とか書かれてますが、それは単純に、朝の8:15にテレビを見ていられる人が少なくなったからではないでしょうか?お仕事している人は、その時間、既に家にいないと思うのです。私も、主婦になったからこそ、朝のドラマを見ることができるようになったんだし。視聴率に関係なく、なくならないでほしいな~。そして、おもしろいドラマを作ってほしいな~。(脚本と俳優を厳選して!)
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
こんなに成長しましたよ
2006/06/01(Thu)
早いもので、ブログを始めて1ヶ月になりました。始めてから、毎日の生活の中の小さな出来事が、前より面白く感じられるようになってきました。学生の頃、日記をつけていたときも、こんな感じだったな~と、思い出しました。

さて、今日も朝からいい天気。5月は雨の日が多くて、五月晴れの日はとっても少なかったのですが、ここ数日間は快晴の日が続いています。大物の洗濯がはかどる~♪午前中は洗濯機フル回転で、ベランダの物干しにはいっぱいいっぱい洗濯物がはためいています。気分いい♪しかし、足元が殺風景。ここ数週間、ベランダの春の花が終わったので、植え替えをしたいな~と思ってはいましたが、雨続きで作業できずにいたのです。今日、花の苗を買いに行って、明日の朝から作業するぞ~!と、楽しみにしていたのですが…。お昼に来る予定の運送会社の人が来ません!12時って言ったのに~。出掛けるに出掛けられず、家の中でもんもんと過ごし、待つこと3時間半。ようやく荷物を取りに来てくれました。(荷物は、ダンナさんのゴルフバッグ。今週末もゴルフです…)その頃、風が強くなり始め、空が曇ってきました。もう時間も遅いし、苗を買いにいくのは諦めて、普通に買い物に行きました。あああ~。残念。さらに、本屋では、ほしかった本が入荷していなくて、買えませんでした~。残念!

後半、冴えない一日でしたが、買い物のときに通りかかった銀杏並木で、ちょっと足を止めてみると、1ヶ月前はまだ若葉色の葉だったのに、もうすっかり青々と濃い色に成長していました。そして、その横の畑も、1ヶ月で苗がこんなに成長していました!すごい!それを見て、ちょっと気分が明るくなったのでした。

s-IMG_0151.jpg

↑これが… ↓こんなに成長。
s-IMG_0412.jpg

この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。