スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
緑に囲まれて
2006/05/25(Thu)
s-IMG_0396.jpg
一心不乱に草を食むポニーちゃん。私がいる間、一度も顔を上げませんでした。

このお馬さんの写真、動物ふれあい広場で撮ったんじゃありません。我が家のすぐ近くにいるんです。なに~?牧場の近くに住んでるの?と、思われるかもしれませんね。実は、この馬は、高校で飼われているんです。馬といっても、小さなポニーで、天気のいい日は、いつもこうやって囲いの中で草を食べています。

私が今住んでいるマンションは、目の前に高校があります。本当に目と鼻の先です。そこは、普通科の外に職業科があり、環境土木科、畜産科学科、食品科学科などがあるようです。そのため、様々な家畜が飼われています。写真のポニーの外に、いろいろな種類の牛、豚、山羊、猪、鶏などがいます。この高校は、昼間、一般の人が通り抜けできるように門が開放されています。それで、私も駅へ行くときは、高校の敷地にお邪魔して、銀杏並木を抜けて行くんです。いろいろな人が出入りしていますが、天気のいい昼下がりなど、子供連れのお母さんが牛や馬を見に、お散歩がてら寄って行ったり、なんだかのどかな雰囲気です。

高校には広い畑もあり、学生たちが実習でいろいろな野菜や家畜の飼料を育てています。だから、この辺りは駅から近いのに、とっても静かで、空気もきれいなんです。さらに、学生が育てた野菜は、時々破格の値段で売られていることもあるんですよ!この冬、日本は全国的に寒さが厳しく、冬場の野菜の値段は高騰していました。そんなとき、この高校では、白菜1玉100円、かぶ袋いっぱい100円、大根1本100円!どこのスーパーよりも新鮮な物が安く買えました。

今は、畑の種まきも終わり、これから夏野菜を育てる実習が始まるみたいです。ベランダから見える麦畑の緑も青々としてきました。田舎の雰囲気いっぱいのところで、とっても落ち着きます。

住まいを決めるとき、時間がなくて、インターネットを頼りに、現地を一度も見ることなく、決めてしまいました。引っ越してきた当初は、よくないところが目に付いて、「あ~、やっぱり、ちゃんと建物を見に来て決めればよかったかな~」などと思ってしまったりもしましたが、住んでみると、意外といいところがいっぱいあって、早くもこの場所に愛着を感じています。私の場合、たいてい「住めば都」となるタイプなので、ここを離れるときは、きっとまたがっかりしちゃうんだろうな~。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。