スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
焼酎!
2009/02/05(Thu)
1月末、韓国は旧正月。ソウルで知り合ったお友達が帰国していて、彼女の実家が我が家から近かったので、久しぶりに会うことになりました。

お土産に、いろいろ持ってきてくれました。ありがとう~!

200902横浜 022
その中に、韓国焼酎のミニボトルが!

韓国では老若男女、誰でも彼でも焼酎が大好き!お値段もお手頃なので、よく飲まれているのでしょうが、とにかく何にでも焼酎です。焼肉を食べに行って、ビールを飲むのが日本人、焼酎を飲むのが韓国人。知り合いの韓国人の話によると、韓国料理にはビールより焼酎の方が合うんですって。特に、お肉を食べるときは、焼酎の方が美味しく感じるんだそうです。へええ~。私達日本人が、刺身には冷酒、おでんには熱燗、お好み焼きにはビールがベストマッチ!などと感じるのと同じ感覚でしょうか。

しかし、韓国で韓国人とお酒を飲むときには注意しなければなりません。たいていの韓国人は、日本人よりよく飲みます!みんな~、どうしてそんなに飲めるの~!?というぐらい、男性はもちろん、女性もよく飲みます。

そして、多くの韓国人が私達が学生の頃に流行ったような飲み方を、今でもこよなく愛しています。一気飲みに、チャンポン!普通のサラリーマンの飲み会でも、これらは普通に行われているようで…。特に、ビールジョッキに焼酎のミニグラスを沈めた「爆弾酒」というものを一気に飲む、というのが一般的です。これ、かなり急激に酔いが回るそうです。私はもちろん試したことはありませんが、日本人の韓国駐在の方は、殆どみなさん爆弾酒の洗礼を受けているのではないでしょうか?

韓国の焼酎を見ると、そんな思い出がよみがえります。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
に・ほ・ひ その2
2008/12/22(Mon)
韓国のにおいにまつわるお話をもう一つ…。

実は、半年以上美容院に行っていなかった私。韓国で帰国前に髪を切りに行こうかと思っていましたが、連日ハードスケジュールで引越し作業の合間に遊びまわっていた上、友人にことごとく「日本に帰ってから切ったほうがいいよ!」と言われ、それもそうかと、結局韓国では美容院に行かずじまいでした。そして帰国後、いざ髪を切りに行けるようにはなったからには、早速切りに行ったかというと、さにあらず。すぐには行けない事情があって、これまたしばらくお預け状態だったのです。

その事情とは、実は、韓国生活の間に体に染み付いたにおいが抜けるのを待っていたのです~!

韓国で知り合った日本人のお友達が、こんなことを言っていました。久しぶりに帰国したときに、美容師のお父さんに髪を切ってもらったら、「お前の髪、切ったらにんにくのにおいがする」と言われたそうです。オーマイガッ!これは、やはり身内だからこそ教えてもらえた貴重な情報なのでは…。普通の美容室で髪を切ったとしても、まさかお客さんに向かって「お客さんの髪の毛、にんにくのにおいがしますね~」なんて言う美容師はいないでしょう。

その話を聞いたとき、「今まで一時帰国中にここぞとばかりに日本で美容室に行っていたけど、それじゃ、きっとみんな心の中で「くさいな~!何、このにんにく臭!」とか思いながら髪を切っていたのかもしれない…、と気付きました。きゃ~!

そういえば、韓国赴任の前、うちのダンナさんが韓国にしょっちゅう出張していた頃、2週間も韓国に居た後帰ってきたダンナさんが何とも言えず臭かったことを思い出します。スーツケースを開けると、荷物が臭くて、臭くて。ダンナさんがお風呂に入った後、お風呂の水が臭くて、臭くて。そういえば、そうでした。

体に染み付いたにおいがとれるまでどのくらいかかるのか知りませんが、だいたい2週間は様子を見たほうがいいだろうと、韓国在住の友達同士で話し合っていたので、私は禊を済ませるまで、髪を切りに行くことができなかったのです。今は、久しぶりにカット&パーマ&カラーをして、リフレッシュしました♪

韓国住まいの長い皆さん、ご用心ですよ~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
に・ほ・ひ
2008/12/21(Sun)
お久しぶりです。なかなかブログ更新できないまま、年の瀬を迎えております。

今日は、韓国にまつわるお話です…。

引越しの後、韓国から荷物が届いたとき、とあることに気付きました。それは、においです。

次々と航空便のダンボールの箱を開けていくと、なんか、独特な臭いがしたんです。例えて言うなら、海辺の町の潮のにおいといういか、海辺の町の倉庫のにおいというか、とにかく、海辺の町のにおいがしたんです!最初、荷物を運んできた作業員の方の体臭かと思って(失礼な話ですが…)「わ!この作業員の人、くさい~!」と、心の中で叫んでいたのです。本当に臭かったもので…。しかも、その作業員の方は体格のいい女性で、「女の人なのに体臭きついな~!力仕事で汗をかいてるからかな?」と勝手に思い込んでいたのですが、本当に本当に失礼な話で、そのにおいは、間違いなく荷物から漂ってきていたのでした~!でも、そのときはそうとは思わず…。

航空便から遅れること2週間、こんどは船便の荷物が大量に届きました。そのときにようやく気付きました。「あ、航空便のときと同じにおいがする・・・」 そうです、作業員の方の体臭なんかじゃなく、それは荷物から漂ってくるにおいだったのです!

韓国にいるときには気付きませんでしたが、日本でにおうと、びっくりするぐらい強烈なにおいでした。う~ん、このにおいの中で生活していたのか、私は。今更ながら、韓国のにおいに驚かされました。

そういえば、韓国に初めて行ったとき、臭くてたまらなかったことを思い出しました。アパートのエレベーターホールが臭くて、「このにおい、何~???」と思って部屋に入ったら、もっと臭くて倒れそうになったんでした…。ありとあらゆる消臭剤を駆使してにおいを消そうと試みましたが、結局においはとれず、そのうち私の方が順応していったんでした。そうでした、そうでした。しかし、日本に戻って冷静に振り返ってみると、韓国のにおいって、どんだけ強烈なんだ!

そういうわけで、このにおいがとれるまで、当分の間いろいろなものを洗濯しまくりました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
帰国します
2008/09/27(Sat)
とうとう、本当に日本へ帰国です。信じられません。全然実感がありませんが、これからは日本の生活が始まります。

最後の朝、ホテルの窓を開けたら、こんなものが見えました。う~ん、ここは韓国。
200809韓国 526

空港への道すがら、タクシーの車窓から国会議事堂をパチリ。(ダンナさん撮影)
200809韓国 528

飛行機は、ダンナさんのこだわりでビジネスクラスです。駐在期間を終えて帰国するときは、自分で自分をねぎらいたいんですって…。もちろん自腹でクラスアップするので、たった1時間半のフライトではもったいないと思うけれど、ここはダンナさんのこだわりなので。早めに空港へ行き、ビジネス以上の乗客が利用できるラウンジへ行くと、たまたま後ろのソファに、劇団ひとりとスピードワゴンの井戸田じゃないほうがいました。仕事で韓国に来ていたのかな?同じ飛行機でした。

飛行機からは、私達が暮らしていた町、私達が住んでいたアパートも、よく見えました。
200809韓国 531 200809韓国 533

アンニョ~ン、ソウル!アンニョ~ン、韓国!とっても充実した2年間でした!きっとまた来ます!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
偶然こうなりました
2008/09/25(Thu)
刺繍の先生やお友達にお会いした後、一人でイテウォン(梨泰院)へ移動し、買い物しそびれたものを物色していましたが、いいものにめぐり合えず。ぶらぶらしているときに、ふと思い立ち、最後に韓服を着て写真を撮ってもらおうかと、写真スタジオに立ち寄りました。でも、ちょうど予約のお客さんがいて、夕方6時からならOKと言われました。6時までまだまだ時間があったので、翌日にしてもらって、今日は止めておこうかとも思いましたが、ぶらぶらしているうちに5時になったので、やっぱり今日中に撮影してもらうことにしました。それで、時間を潰そうとコーヒーショップに入ったら、向こうから、私の名を呼ぶ人が…。なんと、偶然ばったりお友達に遭遇しました!「まさかここで再び会えるなんて~!」と、3人でキャーキャー言いながらおしゃべりしました。(^0^)

そして、この後私が韓服を着て写真を撮る予定だと言ったら、2人も「行く!」と。急遽、3人での撮影となりました~!ノリが良すぎます!

最初は、1着だけ着てささっと撮影してもらうつもりでいましたが、プランも変更!3人でまたもやキャーキャー言いながら2着ずつ着ました。出来上がった写真は私の分は日本まで送ってもらうことにしました。到着が楽しみです。

200809韓国 488

さらに、3人とも夜もフリーだったので、そのままイテウォンでお食事して帰りました。ずっと韓食が続いていたので、今日はギリシア料理のお店へ。偶然ばったり出会ったおかげで、思いがけない展開となりました。o(^-^)o とっても楽しかったです♪
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
いよいよ引越し当日
2008/09/24(Wed)
いよいよ、家から荷物を運び出す日が来てしまいました~!チュソッ(秋夕)の連休を使って、航空便と船便の仕分けや、ゴミの分類はしていたので、ある程度は片付いていましたが、外出続きだったので、前夜まで手荷物をきちんと詰めていなくて、当日の朝近くまでかかって荷物を詰めました。3時ごろ帰宅したダンナさんはちょろっと荷物をまとめただけで、「どうにかなる」と言って、さっさと寝てしまいました~!(>_<) 羨ましい性格…。

200809韓国 410

さて、引越し当日、「どうにかなる」と言っていたダンナさんですが、やはり準備しておくのとそうでないのは、全然作業効率が違うので、事前にある程度やっておいてよかったです。

引越し作業自体は、作業員の方がやってくれるのですが、海外引越しの場合、内容物のリストを作るのが大変面倒です。何番の箱に何が入っているか、そして、保険の関係で、それぞれの価格まで記入します。

引越し作業の途中、予期せぬ嬉しいことがありました。お友達が、ランチの差し入れを持って来てくれれたのです。細やかなお心遣い、本当にありがたかったです。感謝です~!

朝9時から引越し業者さんに来てもらって、午後2時半に搬出が終わりました。引越し荷物が出た後は、お掃除。そして、お友達を呼んで、残った日用品や食料品を持っていってもらい、最後にゴミ出し。ゴミ出しは思ったよりも量が多くて大変でしたが、夜7時前に何とか全部終わりました。

汗と埃にまみれて髪の毛もボサボサの状態で大量のゴミを捨てているときに、同じアパートに住む日本人のご年配のマダム方にばったりお会いしました。今まで、お一人はアパート内で1回しか会ったことがない方、もうお一人はアパート内では一度も会ったことがない方なのに、こんなタイミングでなぜ…。ボロボロの状態でご挨拶~。(^-^; 

作業に追われ、あまりに忙しかったため、2年間住んだアパートを引っ越していくという感慨は全然湧いてきませんでした。とにかく疲れました!ホテルにチェックインした後、大急ぎでシャワーを浴びて、ダンナさんの会社の方とお食事に出かけました。まだまだ食べます!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
引越し前日
2008/09/23(Tue)
明日は荷物を出す日です。今日は、日用品や不用品を引き取ってもらうため、お友達に家に来てもらいました。私は引越しの準備をしながらで忙しかったので、お友達が気を利かせて、昼食やデザートなどを準備してきてくれました。朝からエッグタルトを焼いてきてくれたり、あれこれ気を遣ってくれて、感激です♪ *^-^*

夕方は、引越し前に免税店へ行って、お買い物をしてきました。韓国産の品物は空港受け取りでなく、免税店で直接受け取って、そのまま持ち帰ることができるので、引越し荷物に入れて送るためです。今、ウォンがかなり弱っているので、韓国製品がかなり値下げされていましたよ~。日本でも使い続けるため、「雪花秀」の化粧品を買いだめしました♪

さて、ぎりぎりまで外出していたので、帰宅後は夜ぶっ通しでラストスパートの荷物の整理、頑張ります~!こういうとき、ダンナさんは連日送別会と言う名の飲み会が続いているので、全然当てにできません。一人で頑張るのみです。引越し前、ダンナさんは確実に太りますが、私はあちこち動き回り、一人で力仕事を含む作業をするので、いくら食べても太りませんよ~。

200809韓国 143
アパートの庭にまだ向日葵が咲いています。今年はいつまでも蒸し暑く、残暑が厳しいソウルでしたが、ようやく少し涼しくなってきました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
作業の中のウフフ♪
2008/09/15(Mon)
今日も引き続き、引越しのための荷物整理をしております。荷物整理とは、つまりゴミ捨てということなのか???というぐらい、捨てるものが多いです。なるべくすっきりして帰国したいです~。

実際の荷造りは引越し業者の方にやってもらいますが、自分で詰めておきたいものは事前に詰めておいたり、専用の箱があるものは箱に入れておいたりする必要があります。家中、ダンボールに占領され始めていますが、朝から晩まで細々したものを「これは要らない」「これは船便」「これは航空便」「これは手荷物」と選別しながら作業をしていると、疲れてきますね…。作業そのものも疲れますが、航空便と船便の選別にもなかなか頭を悩ませます。それに、箱に詰めたものは、全て用紙に品名と個数と価格を記入しなくてはなりません。これが、海外引越しの大変なところです~!あ~、面倒くさい!

不要なものといっても、韓国で購入した家具や家電など、まだまだ使えるものばかりなので、ただ捨てるのはもったいないし、忍びない。で、お友達に引き取ってもらったりしています。今日も、本棚などの大型家具を持っていってもらいました。次のお宅で役に立っておくれ~。(^-^)/~~~

今日、本棚を引き取りに来てくれたお友達は、「引越しの準備で忙しいだろうし、お店も開いていないだろうから、これ、ランチにつまんで」と、手作りのホットドッグとスープを差し入れてくれました。なんてありがたい心遣い!感激しました~☆そして、本当にその通りだったので、助かりました。こういう、さりげない心配りのできる女性、ステキですね。私も見習いたいな~と思いました。

ホットドッグで元気をつけて、また作業を頑張りましたよ~。優しい心遣いに、俄然、元気になってしまいました!荷物整理の作業の中で、きらりと輝く出来事でした。

今日はダンナさんも夕方から仕事を始めたので、家でご飯にしました。晩御飯も、肉です。肉肉しくって、すみません…。お昼の感激した出来事に引き続き、本日2つ目のウフフ♪です。

200809韓国 113

テーブルの上のワインに注目です。なかなか飲むチャンスのなかった「フラゴリーノ」という苺のワインです。これはヴェネチアの名物で、苺の季節にしか売られていないそうです。ほんのり甘くて、美味しかったです♪実は、新婚旅行でイタリアに行ったときに、ヴェネチアで購入したものなんですが、「記念日に」と言っていたら、記念日に二人がなかなか揃わない生活が続き、今日まで未開封でした。こんな何でもない日に飲むことになろうとは!今後は記念日にこだわらず、さっさと消費することにしましょう~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
家探しの旅より戻る
2008/09/08(Mon)
日本から戻ってきました~。日本は韓国より蒸し暑かったです。ソウルは朝晩はさわやかな秋らしい風が吹くのですが、東京は夜になっても蒸し暑く…。なのに、「今日は昨日よりちょっとは涼しいわ」という会話が聞こえてきたりして。どんだけ暑かったんだー。

そうそう、家探しのことです。ダンナさんの日本出張に合わせて一緒に帰国し、家探しをしたので、週末までの短い時間で決めなければならず、「いい物件にめぐり合えなかったらどうしよう~」と思っていましたが、結果、日本に帰国するのが楽しみになりそうな物件にめぐり合うことができました。(^-^)v 

前回、台湾から帰任したときは、急な話だったので、家を探すゆとりもなく、ネットで検索して不動産屋さんとメールでやりとりし、引越し当日まで物件を見ることなく決めました。だけど、日当たりとか周辺環境とかはやっぱり現地へ行ってみなければ分からないんですよね。自費帰国は痛いですが、実際に見て納得して決めることが出来てよかったです。

今回は、まずネットで気になる物件を絞り込み、不動産屋さんと連絡を取って、スケジュール調整して帰国中に物件が見られるようにしておきました。そして、家探し初日に2件の不動産屋さんへ行き、6件の物件を見ましたが、その日の最後に見た物件が気に入って、そこに決めました。翌日、別の不動産屋さんを回る予備日にしておいたのですが、もう物件が決まったので、今度は周辺環境チェックの為に、もう一度その街を訪れ、駅からの距離やお買い物できる施設などをチェックしました。時間が限られていたにもかかわらず、初日に「これ!」という物件にめぐり合えたおかげで、余裕のある行動ができていますね~。なんだか、幸先いい感じですね♪ま、とにかく帰国後に住む場所が決まって、安心しました。

が、これから、実際の引越し作業が待っています!今度の週末は韓国はチュソッ(秋夕)という、日本でいったらお盆のような、みんなが一斉にお休みする行事があるので、こちらの引越し業者とうまく調整してスケジュールを決めていかなければなりません。早速、今週中に見積もりを取りに来てもらうことになりました。これから、また忙しくなります~!でも、あと3週間、韓国の生活も満喫したいと思っています。

200809韓国 013 200809韓国 015
羽田空港で、秋だけの限定販売の柿の和菓子を買いました。これ、2年前に知って、食べたいな~と思っていたんですよね。ダンナさんにその話をしていたら、偶然目の前のお店で売っていたので、お買い上げ!柿の餡が美味しかったです☆
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
秋近し…?
2008/09/02(Tue)
9月になってしまいましたね~。ここ韓国も、朝晩はずいぶん涼しくなってきました。8月中旬に「おや?」というほど涼しい日が続いたこともあったのですが、その後また蒸し暑い日が続いています。それでも、吹く風がちょっと秋を感じさせる気持ちのいいものに変わりつつあります。

200809韓国 001

昨日は一日中ず~っと強い雨だったのですが、今日は打って変わってのお天気になりました。でも、空はこの通りの雲。そして、家の中は蒸し暑かったです~。

200809韓国 002

うちのリビングは、このように壁一面、床から天井までがガラス張りになっていて、眺めも良いので、ブラインドを閉めずに開けっ放しにして景色を楽しんでいます。目の前にはうちの部屋より高い建物はないので、覗かれる心配もありませんし。贅沢ですよね。

ですが、この壁一面のガラス窓は羽目殺しになっていて、開けることのできる窓が隅っこの方にちょこんと付いているだけなんです。小さいうえに、南側にしか付いていないので、風が抜けていかないんですよ~。だから、うちもそうですが、夏の間は玄関の扉を開けて少しでも風を通そうとするお宅が多いです。うちのアパートの廊下はホテルのような内廊下になっているので、玄関の扉を開けていても、そんなに風は通りませんが…。それよりも、お向かいさんのお宅の声や音があれこれ聞こえてきて…。お向かいさんには幼稚園ぐらいの小さいお子さん&赤ちゃんがいるのですが、ピアノもリコーダーもドアを開け放って大音量で練習しているんですよね…。(^-^; 韓国人は音には寛大だから、気になっているのは私だけなんでしょうかね…???

あと、37階まである高層のアパートなので、ベランダがありません。この眺めは最高ですが、ベランダがないのは不便でした。洗濯物が外に干せないので、必然的に年がら年中部屋干しです。韓国人はお布団を思いっきり干したりしないのかしら…???と不思議に思いましたが、どうやらそんなに気にしていないようです。というのも、冬はオンドルでぽかぽかなので、冬でも薄いポリエステル綿の布団しか使わないんですよね。掛け布団も薄いけど、敷布団もすご~く薄いんです。そして、シーツもあんまり使っていないような印象があります。汚くなったら、布団ごとクリーニングに出すみたいです。

この眺めとも、あと1ヶ月でお別れするのかと思うと、ちょっと寂しいですね。明日からちょっと帰国して、家探しをしてきます。今度はどんなところに住むことになるのかな~。良い住まいに巡りあえるといいな。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。