スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タイ料理 3回目
2008/09/18(Thu)
昨日に引き続き、今日はタイ料理のレッスンです。夏の間はD姉さまが多忙でレッスンがお休みだったので、3回しか習うことなく終わってしまったのが残念ですが、でも、苦手と思っていた東南アジアの料理も、食材さえ揃えれば自分でも全然作れそう!と、新たな分野が開けたので、収穫は大きかったです。

今日のメニューは、タイ風焼きそば(クイティアオ・パッタイ)と、鶏とカシューナッツの炒め物でした。

200809韓国 243 200809韓国 252
焼きそばは、日本人に人気のメニューだとか。右のトッピングをお好みで♪

200809韓国 248 
そして、鶏肉の炒め物の方ですが、これがまた、懐かしい味で、マレーシアに居たときのことを思い出させる味でした。焼きそばも食べているというのに、ご飯が進んで困りました~。

200809韓国 254 200809韓国 247

この後、D姉さまお手製のデザートタ~イム♪今日は紅茶プリンを作ってくれていました。
200809韓国 267

さらに、台湾旅行帰りのD姉さまが、台湾のお菓子もこんなにステキに盛り付けて出してくれました。
200809韓国 261

これだけでも、既にお腹一杯でしたが、おしゃべりが弾み、D姉さまがキンキンに冷えたビールまで出してくれたものだから、ついつい長居をしてしまいました。それにしても、D姉さまのお話は面白いわ~。アメリカで2回も転んで、1回目は顔面をぶつけ唇を切り、2回目は肋骨にひびが…。そしてゆっくりしようと旅行に出かけた台湾では台風の直撃を受け…。面白いといってはいけませんが、D姉さまが面白くお話するので、大笑いしてしまいました~!韓国では大人しく事故や怪我のないようにお過ごしくださいませ。m(_ _)m

D姉さまのお宅のステキなインテリア、一部ご紹介!
 ↓
この記事のURL | 習いごと(タイ料理) | ▲ top
タイ料理 2回目
2008/05/21(Wed)
今日は2回目のタイ料理の日~!朝から生憎の雨でしたが、出かける頃には雨も上がって、いいかんじ♪

200805韓国 634 200805韓国 633 
(D姉さまのお宅からのハンガン(漢江)の眺め。雨上がりのハンガンもステキ。)

お料理の方は、今日のメニューは「イエローカレー」と「シュリンプケーキ」でした。

200805韓国 616 

カレーは使用するペーストの種類で味が変わるので、それに合わせた具を選ぶのがポイントのようです。今日は、なんと、サツマイモ!へぇ~!タイカレーにサツマイモ!初めての経験でしたが、食べてみると、甘味があって辛いカレーのソースと合う!東南アジアの料理にパイナップルが入るのと同じような感覚で、ちょっと甘味があったほうが美味しいかも!これも目からウロコでした。

シュリンプケーキは、エビと豚挽き肉を使った揚げ物です。これまた、ぷりぷりサクサクで、美味しかったです!そして、デザートにマドレーヌまで♪

200805韓国 619 200805韓国 623 200805韓国 631 

韓国ではタイ料理の食材は輸入食材を扱うスーパーなどでしか手に入らないので、タイ料理の師、D姉さまは、余った材料をみんなに分けてくださるのですが、今日はカレーペーストを分けていただいたので、家でも早速料理してみよう~と、盛り上がりました。

とりあえず、今日は残ったカレーそのものをお持ち帰りさせていただいたので、それに具を足して、晩御飯に…。美味しかったです♪

200805韓国 651 200805韓国 652 
(この写真は我が家の晩御飯。オンギのお鍋が活躍しています。)
この記事のURL | 習いごと(タイ料理) | ▲ top
タイ料理に挑戦!
2008/04/28(Mon)
私が人生で最初に就職して働いた国は、マレーシアでした。23歳のときでした。初めての仕事、初めての外国暮らし、初めての東南アジア、初めての…と、初めてづくしで、右も左も分からず、本当にがむしゃらでしたね~。(^-^; いつの間にやら10年以上が経って、今になって思い返せば、若かりし頃の未熟な私…。ま、悲喜こもごもいろんな思い出のある国です。

マレーシアに3年間暮らしていたからには、東南アジアに興味があったかというと、これが、興味は全くのゼロ!でした。行くことになってからマレーシア事情の本を買って、それも中途半端にしか読まず、「行けばなんとかなるだろう」と、この辺りの発想は今もあんまり変わっていませんね。(^-^; 

実際に住んでみて、いろいろ大変なこともありましたが、食べ物に関しては、新たな発見がありました。「私って、唐辛子が苦手~!」と認識するに至ったのです。(なのに、現在韓国に住んでいることの不思議…。)料理の味は好きなんですが、体に合っていないのです。子供の頃からお腹を壊しやすい体質ではありましたが、マレーシア時代は、お腹の調子が悪いことが普通になっていましたね。

マレー料理だけじゃなく、タイ料理、インド料理など、とにかく唐辛子を多用していると、アウト。東南アジアのほとんどの国の料理に唐辛子はつきものです。したがって、東南アジアの料理全般が苦手ということに…。辛いものが大好物という人には理解してもらいにくいと思うのですが、私が唐辛子の入った料理を食べたらどうなるかといいますと、辛さの余り口全体に火が付いたようになり、舌と喉に痛みすら感じます。そして、一度辛い物を口にすると、舌がびりびりと痺れ、もう他の物の味が分からなくなってしまうのです。だから、辛い食べ物はなるべく後回しにしないと、1食分、楽しめなくなってしまうのです。(;_+)

それでも、インド料理の複雑なスパイスの効いたタンドリー系の肉の味や、タイ料理のハーブの効いた酸っぱ甘辛な味が嫌いなわけではないのです。むしろ、好きなんだけど、食べられない。舌と喉が悲鳴を上げ、お腹も激しく抵抗する…というわけで、体が受け付けてくれないのです。残念。(T_T) 辛い味付けの少ないベトナム料理だけは、どれも美味しく食べられるので、大好きなんですけど。

前置きが長くなりましたが、そんな私が、今日、な~んと、タイ料理を習いに行きました~!

どういうことかといいますと、知り合いになったD姉さまが料理の達人で、韓国にて韓国料理やらタイ料理やらを極め、どちらも先生に「もう教えるレシピがない」と言わしめた人物なのです!そんなD姉さまに料理指南を願い出る人が後を絶たず、ついに姉さま、ご自宅で料理レッスンをすることに!このD姉さまのご自宅(これがまた、超~ステキなんです♪)と私の家が近所なので、「私も習ってみたいな~」とお願いすると、「じゃあ、次のレッスンのときに、参加する?ちょうど新しいクラスが始まるから」と誘っていただけたのです~!感謝~!

タイ料理というと、今までは「あんなに辛いもの、私が自分で作ることはないだろう」と思い込んでいましたが、「自分で作って辛さを調節すれば、私でも美味しく食べることのできるタイ料理が作れる!」ということに、今頃になって気付きました。(^-^; 

そして、D姉さまのレシピは、噂にたがわず日本人好みのマイルドな辛さで、韓国生活によって多少は鍛えられた私にも十分美味しくいただけました!これは、絶対に自分でも作れるようになりたい!

ちょうど新しいクラスが始まったところだったので、私も参加させてもらいましたが、あまりに美味しかったので、これから継続して習いに行くことにしました♪D姉さま、ありがとう~!

200804韓国 313 

(今月のメニュー)
スウィート・ピーナッツ・ソースのタイカレー、タイ風春巻き+サラダ、ごまプリン
200804韓国 300 200804韓国 315 200804韓国 305 200804韓国 321 
春巻きはみんなで巻き巻きしたので、大きさにバラつきがあるのがご愛嬌。全部で50個作って、お持ち帰りもさせてもらいました♪

以前、「この日は私とダンナさんの結婚記念日!」という話をしていたら、D姉さまが「結婚記念日の人がおるから、特別サービスでごまプリン作った」と。わ~い!うれすぃ~!o(^0^)o サラダも、私が大好きなソムタム(パパイヤのサラダ)をリクエストしていたのですが、青いパパイヤがなかったとのことで、きゅうりで代用して作ってくれました~!これまた、感激~☆

D姉さまのお宅は、インテリアがとってもステキで、ここが韓国であることを疑いたくなるほど、完全に東南アジアのリゾートのような空間なんです~!アンティークの品々があちこちに飾られ、とってもセンスがよくて、居るだけで癒される~。ここに月1回タイ料理を習いに通ってこれるというだけで、ムフムフなのです。(*^▽^*) 
この記事のURL | 習いごと(タイ料理) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。