スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ソンセンニム、カンサハムニダ!
2007/10/16(Tue)
1年間習ってきた韓国語の授業ですが、今週の金曜日でひとまず設定されたコースを修了することになります。初級レベルを1年かけてやった程度ですから、そんなに進歩していませんが、それでも、ある程度の文法は習ったわけで、今後それを生かすも殺すも自分次第なわけであります…。

今後のことはともかく、あと1回で授業は終わり!今日は一足早く、先生と一緒に慰労&感謝の食事会を催することにしました。先週のうちに、クラスメイトと一緒にお店の予約をしてメニューを決めたり、先生にプレゼントするお花を注文したりしましたが、準備を手伝いながら、あ~、これでこのクラスともお別れなんだな~と、徐々に実感しました。1年って、長いようであっという間でした。韓国語はもちろんですが、ここでいろんな友達にも出会えたし、宿題はきつかったけど、楽しかったな~。

授業の後の慰労&感謝の食事会では、全員が順番に先生に韓国語でお礼を述べて、花束贈呈をしました。私も、今まで教師の立場で何度も経験したから分かりますが、こういうとき、きちんと習った言葉を使って話ができることが、教えてくれた先生に対する一番のお礼なんですよね。先生も、韓国語で全員が感謝の言葉を述べてくれて、本当に嬉しいと言っていました。まだまだへたっぴで、韓国人の普通の会話のスピードにも付いていけないし、上手く話すこともできませんが、1年間授業を受けたことを無駄にしないように、今後は実地で頑張りま~す!

そして、今日もスーパーやら地下鉄やらに於いて、対アジュンマ、対アジョッシとの韓国語バトルは続くのです。

20071017005013.jpg 
とっても教え方の上手な先生でした!

習慣で撮ってしまった料理の写真、いってみよ~!
20071017003845.jpg 20071017003858.jpg 20071017003909.jpg 20071017003921.jpg 20071017003932.jpg 20071017003944.jpg 20071017003955.jpg 
スポンサーサイト
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
新たな気持ちで
2007/07/20(Fri)
韓国語の授業、いよいよ初級の最後のクラス、4級クラスがスタートしました。今期の4級のクラスの生徒は、半分が継続組、半分が新しい顔ぶれでした。

最初の授業なので、韓国語で自己紹介から。新しいクラスメートは、いろいろな経歴の人たちでした。今まで家庭教師で勉強していた人、語学学校に通って勉強していた人、独学で勉強していた人、様々です。初級も大詰めなので、けっこう文法も濃厚なのですが、そのレベルまで一人で勉強していた人たち、すごいな~。私なら、怠けちゃって、到達できていないわ。

新しいクラスって、わくわくします。それに、今度のクラスは、勉強する意欲のある人たちが多そうで、いい刺激を受けられそう!やっぱり、マンツーマンの授業と違って、クラスレッスンって、いろんな人と出会えて、楽しいです♪それに、一人では勉強し得ないことも、誰かの発言によって気付かされたり、いろいろな発見があるので、勉強になります。それには、同じクラスのメンバーがかなり重要だと思います。今度のクラスには、期待大♪

でも、授業は始まったばかりなんですが、来週から夏休みで日本に帰国する人続出!次回の授業からしばらくお休みする人が多くて、がっかり。実際に全員が揃うのは、約1ヵ月後でしょうか…。

今日は、授業の後、新しいクラスメイトと一緒に、二人でランチをしました。これが、なかり面白い人で、話が弾んで、ランチの後はミスドに場所を移し、長々とおしゃべりしました。

また、新しい出会いによって、私も新たな気持ちで勉強に励めそうです。それに、ソウルライフもね~!いいお友達が、更にたくさんできそうです。

20070722002253.jpg 20070722002319.jpg 
今、花盛りの、韓国の国花、ムグンファ(むくげ)。
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
寒い!
2006/12/02(Sat)
昨日、韓国語のクラスメイトのIさんが、しばらくお休みしていたため、授業の内容が全然分からなくなってしまい、先生にノートをコピーしてあげてと頼まれました。でも、ノートのコピーといっても、私のノートは授業中は走り書きだし、ノート以外にもメモを書いたりするし、見ても分からないかも…。ということで、二人の空いている時間に会って、Iさんに授業の内容を伝えることにしました。

で、早速今日の午後、スタバでコーヒーを飲みながら、一緒に勉強しました。量が多いので、さらりと内容を伝えて、Iさんにノートを写してもらいました。あとは、おしゃべり。Iさんはスウェーデン人と結婚していて、二人のお子さんのママです。韓国には1年の予定だとか。私と一緒ね。話していると、実家が隣の県だったので、また話が弾みました。帰りに、お礼にといってスウェーデンのランチョンマットをいただきました。幾何学模様が北欧らしいステキなデザインです。スウェーデンか~。寒いんだろうな~。雪もいっぱい降るんだろうな~。スウェーデン人って、体が大きいんだろうな~。…なんてことを考える私。北欧には行ったことがないのですが、きっときれいな国だろうと思います。

ところで、今日はまた一段と寒いです!朝から太陽がぴかぴかのいいお天気で、家の中は暖かかったから、油断して出掛けたら、表はとっても寒くて、本当にびびりました。でも、寒いけれど、本当にいいお天気なので、地下鉄の駅一つ分、散歩をしました。今まで行ったことのないパン屋さんに行って、買ったことのないパンを買って帰りました。これからは、外出時には手袋も必携です。
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
勉強は楽しい
2006/11/28(Tue)
韓国語の授業は、文法の勉強が進むにつれ、どんどん楽になってきました。ほっ。最初は、発音と文字が結びつかないし、その発音自体、私にはかなり難しかったし、覚える宿題もいっぱいあったし、大好きな刺繍もできないぐらい韓国語に時間を割いていましたが、その苦しい階段を1段階クリアしたかな~?と思っています。

やっぱり、韓国語は文法が日本語とほぼ同じなので、勉強しやすいです。クラスの生徒は全員日本人だから、きっと誰も何の疑問も持たずに韓国語を勉強できているんだろうけど、ヨーロッパの人や、中国人、アメリカ人などは、けっこう苦労するんじゃないでしょうか。「なんで疑問詞があるのに、さらに文が疑問形になるの?」とか、「主語が違うのに、述語はいつも同じ形?」とか、だいたい助詞の使い方が分からないという人も多いでしょう。そして、韓国は日本以上に長幼の序がはっきりしたお国柄。敬語ももちろん覚えなければなりません。日本人が外国語を勉強するなら、韓国語は本当に、お勧めですね。挫折する確率が他の外国語より低いと思います。

でも、いくら文法が似ている日本語を母語とする私達でも、やっぱり韓国語は外国の言語ですから、いろいろ失敗もします。そして、文法じゃなくて、発音が、日本人にはどうしてもネックです。

先日、クラスでこんなことがありました。先生が韓国語で「一番」と言う時、発音が「日本」と似ているため、たくさんの生徒が問題の1番をするのではなく、日本語に訳して言うのだと勘違いしてしまうのです。片仮名で書けば、同じ「イルボン」ですから、無理もない間違いです。私も聞き間違います。あまりに皆が間違うので、先生がホワイトボードに書いてくれて、発音の練習をしました。でも、やっぱり難しく、聞き間違ってしまいます。そしたら、クラスメイトの一人、サラリーマンの50代のおじさんが「じゃあ、『一番』の発音を『イルバン』にしたらどうですか。」と言いました。おいおい、勝手に言いやすく変えるなよ~!気持ちは分かるけど。とまあ、こんな具合に、発音には皆苦労しています。

あと、余談ですが、「コーヒー」の発音も、たいていの日本人は間違って発音しています。韓国語の本などに片仮名で「コピ」と書いてありますが、そのまま読むと「鼻血」という意味になってしまいます。カフェで「鼻血2杯ください。」なんて言っていると思ったら、吹き出しちゃいます。正しくは、口を大きく開けて、限りなく「カ」に近い「コ」で「コピ」と言います。

文法を習い始めると、どんどん使える言葉が増えてきて、楽しいです。「~したいです」とか「~してください」は、普段の会話の基本中の基本。習ってすぐに使えます。私も、習った日に早速使ってみました。勉強はきついときもあるけれど、教える苦労に比べたら、断然、楽です。何より、新しい言葉を覚え、使える楽しさがあります。だんだん韓国語が楽しくなってきました。この状態をしばらくキープしたいです。あ~、高校生のとき、英語の勉強もこのぐらい楽しんでやれたら、もっと話せるようになっていたんだろうな~。やっぱり、勉強は楽しんでするにこしたことありません!
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
追われています
2006/10/27(Fri)
最近、私は追われています。誰に?じゃなくて、何に?と聞いてください。私を追ってくるのは「宿題」です。

週1回の刺繍と週2回の韓国語。それぞれ宿題がたくさん出ます。刺繍しかやっていなかったときは、一日中刺繍に没頭して、宿題の範囲をすぐに終えてしまっていましたが、今やそんな余裕はありません。韓国語の宿題が…。

韓国語の授業では、まず韓国語の独特の文字を習い、その発音の練習を中心に授業が進んでいます。しかし、この段階は、とにかくたくさんの単語を習うのですよ~。日本語の授業でもそうだから、文句は言えないのですが…。それにしても、たくさん!そして、宿題はその単語の書き取りをして、覚えてくること。この「覚えてくること」というのが曲者で、頑張ってもなかなか全部は頭に入りません。悲しい。中国語のときは、とりあえず漢字は書けるし意味も分かるから、発音を覚えればよかったのですが、韓国語は書き方も意味も発音も頑張らなければなりません。ハングルは表音文字だから、苦しいのはこの最初のステップだけ!なんですが、いきなりハードルが高く、急上昇するのも辛い。今日ニュースで見た、羽田を離陸する飛行機じゃないけど、急上昇するには燃料もたくさん使うのよ~。韓国語の横田空域よ~、どっかいっちゃえ~。

で、毎回授業の最初に、宿題で覚えた(はずの)単語から、先生がいくつかピックアップして発音し、それを生徒が聞き取って書くという、ディクテーションを行います。(ちなみに私も日本語の授業で毎回必ずやります。)ディクテーションが効果的なことは、百も承知。でも、生徒の側がきちんと単語を覚えていないと、ディクテーションを受ける意味がないのよね~。だから、今は毎回半分死んだ気になって単語を覚えています。夕べは、宿題の範囲の単語がどうしても覚えられなくて、お風呂にまで単語帳を持って入ってしまいました!韓国語の発音は、本当に難しい!私の中で、たくさんある「ウェ」「ウィ」などの文字と発音の違いが一致しないのです。中国語も難しかったけど、韓国語でも発音で苦労してますわ。

ところで、私達が習っている先生は、日本語がとってもお上手。単語の意味も、日本語で教えてくれます。授業が日本語で進行していったら、なかなか韓国語が覚えられないから、ちょっとぐらいスパルタでも、韓国語オンリーがいいな~と思っていたのですが、聞いた話によると、最初は日本語で説明してくれるそうですが、徐々に韓国語オンリーになっていくそうです。よしよし。これで一安心しました。この先生、日本語での説明も上手なんですが、それ以前に、というか、韓国語の教え方そのものがとってもお上手です。まだ文法を習っていませんが、最初の授業で「あ、上手な先生だな」と分かりました。こちらで韓国語を習った日本人の生徒さんに評判がよかったので、期待していたのですが、噂にたがわずというか、評判通りでした。今まで台湾で中国語を習いに行っていたときに、マンツーマンで、いろんな先生に習いましたが、今ひとつ、本当に上手な先生に当たった気がしません。そこそこ上手な先生はいましたが、授業を受ける中で「ここをもっとこうしてくれたら…」という思いもあったので、今のところ、今まで習った中では、この韓国語の先生が一番いいかな?と思っています。

以前、同じ日本語教師をしていた同僚で、フランス語を習っていた友達と言っていたことがあるのですが、自分が生徒の立場になって外国語の授業を受けるときって、ついつい「教師目線」になって、先生の教え方をチェックしちゃうよね…と。私もそれで、今ひとつな先生に当たったときなど、ちょっとストレスがたまったことがありました。そして、自分を振り返ってみて思う。「私も生徒にこんな思いをさせていたかもね~」「かもね~」じゃなくて、「させていたでしょう、きっと」と訂正だな、こりゃ。でも、今は韓国語の先生がいい先生なので、そのいいところをたくさん見習えます。だから、宿題のストレスはあるけれど、授業に行くのが楽しみです。

ところで、大人になって語学を習い始めた人って、どうやって単語などを覚えているのかしら?私は、文法はさておき、単語については、いまだに単語帳を作って覚えています。効率悪いかな?って思うけど、昔からこれが一番覚えられるんですよね~。あとはひたすら書く、そしてCDなどを聞いて発音することかな?効率よく勉強したいので、もっといい方法があったらな~、と思います。みなさんの勉強方法を教えてください~。
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
遅まきながら
2006/10/20(Fri)
今までな~んとなく後回しになっていた韓国語の勉強。SJCの韓国語講座が3ヶ月ごとに開講されていて、新しい学期が10月から始まるので、できればそれに参加したかったのですが、初級クラスの曜日が刺繍の日と重なっていて、今期の参加は無理だったのです。さて、どこか学校へ行くべきか、独学で頑張るべきか、じ~っくり考えるともなく(?)考え中だったのですが、ここで思わぬ神の采配が。刺繍教室の生徒さんの都合で、刺繍の曜日が変更になることに!ということで、私も韓国語講座に参加できることになりました。やっぱり、重い腰を上げろという、見えない守護霊のご指示でしょうか。

問い合わせたところ、今週から始まったばかりの講座なので、今なら途中からでも参加OKのとのことだったので、本日から参加することにしました。向こう3か月分の授業料を払って、さあ、これでまじめに韓国語を勉強することになりました!自分からはどうも積極的に勉強できない、自分から戸が開けないかんじだったので、これでよかったのかも。外堀から埋めてください~。

受講生は私も入れて13人。会社員のおじさんが3名。女性10名は主婦でしょう。SJCの講座なので、もちろん生徒は全員日本人です。(ここがちょっと不安なところではあります。)テキストも日本人用で、ばっちり日本語で説明が書かれています。先生は優しそうな中年の女性。日本語がぺらぺら~。授業中の説明も、90%ぐらい日本語。大丈夫かいな、私。

前回の授業では、母音の発音を習ったもよう。今日は子音の発音を習い、一気にたくさんの単語を勉強しました。さっそく書き取りの宿題が…。ここでも自分を追い込んでしまいそうな私…。韓国語こそ要領よく勉強していきたいものです。初日はなかなかできない発音の練習を中心に、あっという間に90分が過ぎてしまいました。しばらくは発音に泣かされそうです。遅まきながら始めることになった韓国語の勉強、ぼちぼち頑張りますか~。

20061021010042.jpg
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。